ぶろ愚の骨頂

源九郎の日々のつれづれ、心のつれづれ、Mac & iPhone 3Gのつれづれ

11

2006


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

検索


カテゴリーリスト

2006年11月25日(土)

バイ・マイ・サイ [今もそこにある光]

 by my side

 訳すと「傍にいて」となるのだろうか。

 マイミク・冬ッちの影響もあり聞き始めたRADWIMPSの新曲「セツナレンサ」のカップリング曲「バイ・マイ・サイ」。
 正直、英語詞な為、詞の内容を完全に理解することは出来ていないのだが、サビの部分で繰り返し歌われるこの「by my side」のメロディーが物悲しく、自然と目頭が熱くなる。

「傍にいて」

 一緒に暮らしていつも一緒にいたい。と願わないこともないが、本当に望むものは『心』。

『心』の繋がりだ。

 遠距離ばかりしている所為か、求めるのは体ではなく、心になる。
 離れている分、逢えば体を求め合わないわけではないが、逢えない時間と距離を繋ぐのは、やはり『心』なのだ。

『心』と『心』の繋がりで離れていても傍にいることを感じる。

???????????¬??????

RADWIMPS「セツナレンサ」

 目に見えない『心』の繋がりで傍にいることを感じるのは難しいことかも知れない。やはり、見えないと云うことは心細いものだ。
 その確認手段として、メールがあったり、電話があったりするのじゃないだろうか。
 メールの文面から、電話の声から想いを感じ、繋がりを感じる。
 毎日電話で愛を確かめ合うなンて、羨ましい限り…。

 by my side…

 オレは君の傍にいたい。

RADWIMPS - セツナレンサ - Single

Posted by 源九郎 at 18時17分

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

PHOTO

ジジィの逆襲?

ジジィの逆襲?

1次面接終了

1次面接終了

今年もまた…

今年もまた…

最近の記事

最近のコメント

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2005-2010 ぶろ愚の骨頂 All rights reserved.