ぶろ愚の骨頂

源九郎の日々のつれづれ、心のつれづれ、Mac & iPhone 3Gのつれづれ

3

2007


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索


カテゴリーリスト

2007年03月07日(水)

それだけの存在 [ヤケクソの神様]

 浮いて、沈んで、沈んで、浮いて、沈んで、沈んで、沈んで、浮いて、また沈んで…。
 感じて、感じて、感じて、感じて、ひしひしと感じて、そして沈んでいく…。

 虚しさと淋しさが胸いっぱいに広がって、認めたくない言葉を叫び出しそうになる。

 本当は、とっくの昔に諦めていたンだよ。
 指輪を再び指にはめた時から、何も望まないと誓ったその時から…。

 それでも、オレの気持ちは、想いは変えられないから、その言葉を使うことをずっと拒んできた。

 オレは必要とされていない。オレはどこにもいない。そう感じるたびに、本当に消えてしまいたくなる。
 もう少し強ければ、平気な顔していられるのかな。

 辛さを紛らわせるために、癒しを求めようとするけれど、やっぱりこの想いが強すぎて、なにも出来ずにページを閉じる。

 諦められるはずがない。何を心に誓おうとも、この想いは変わらないのだから。

 何よりも辛いのは、オレがどこにもいないことを感じるその時。
 結局オレはそれだけの存在。

ハナムケ

ハナムケ/w-inds.

友達でも 恋人さえ
見守ること それしかできない時もある

もしも何かを諦めなくちゃならない時が来ても
絶望なんかしないで・・・君も
No no no

ハナムケなら 涙じゃなくて 笑顔見せて
今日を限りに もう逢えないと解ってても
...Please don't say "good-bye"

Posted by 源九郎 at 09時39分

コメント

何も望まないって決めてたのに
…望んでるわけだ。

どうにもならないなら完全に諦めるしかないんじゃない?
役に立ちたいとか必要とされたいとか、そういう自分の欲求を全て諦めるしかないと思う。
もちろん、それは難しいよ。本当に。わかってるよ。
でも。
でも…そうするしかないと思う。


SPOT 2007年03月08日 18時58分 [削除]

諦めなきゃいけないンだろうけど、どうしても諦められない、ッていうか、う〜ン、表現しづらいンだけど、諦めちゃいけないッていう思いもある。
始めの頃のやり取りの中でね、引っかかっている言葉があって、それがオレを引き止めるンだよね。
好きでもあり、放っとけなくもあるンだよ。

でもいずれは、決断しなきゃいけないンだろうね。

源九郎 2007年03月09日 01時50分 [削除]

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

PHOTO

リベンジの秋

リベンジの秋

髪を切ったら…

髪を切ったら…

ひとりでごめん

ひとりでごめん

最近の記事

最近のコメント

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2005-2010 ぶろ愚の骨頂 All rights reserved.