ぶろ愚の骨頂

源九郎の日々のつれづれ、心のつれづれ、Mac & iPhone 3Gのつれづれ

9

2021


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    


このボタンの付いている曲は、
iTunse Storeから購入出来ます。
購入にはあらかじめiTunse
インストールが必要です。 お支払いは、クレジットカード、またはiTunse Cardとなります。

 iTunes Music Store(Japan)

ウィルコムストア

Google

2009年06月10日(水)

密かにチェコフに萌えた [よもやまヲタ話]

 今日は仕事が休みなので、『スター・トレック』の新作映画を観るために札幌へ。

 映画館へ足を運ぶのは何年振りだろう。
 最後に見た映画は『スター・トレックX:ネメシス』。ここ十数年、映画館で見る映画と云えば『スター・トレック』と『必殺!』だけだ。(必殺!の新作作ってくンないかなぁ…)

 久し振りに足を踏み入れた札幌シネマフロンティアは前回来た時とは大きく様変わりをしていた。
 以前にチケット売り場は窓ガラス越しだったのに、今では、場所も移動していて、ただのカウンターになり、電光掲示板などもなくなっていた。
 平日で、人が少なかったせいか、がらんとだだっ広くて、ちょっと戸惑ってしまったもンね。
 戸惑いながらもチケットを買うと「本日はメンズデーですので1,000円になります」とのこと。知らずに行ったンだけどラッキーだった。



 さて、本題。ここから先はネタバレしているのでご注意ください。

画像(320x136)・拡大画像(640x272)

建造中の船に既にマーキングがあるのは不自然だよなぁ…。

 オリジナルシリーズ「スター・トレック」のクルーの若き日を描く。

 そう聞いた時、どうなるものかと思った。
 てっきり、次の劇場版は「ディープ・スペース・ナイン」や「ヴォイジャー」のクルーを交えたものになるだろうと期待していたのにその期待も見事に裏切られた。

 パラマウントは何を考えているのか。ひょっとしたら、スター・トレックの歴史(作品中の歴史ね)を新たに作り直そうとしているンだろうか?

 正直、そう思った。

 それはある意味正解だったのかも知れない。
 パラマウントは「パラレルワールド」という設定を繰り出してこれをやろうとしているンじゃないだろうか?

 そう、この作品は「もう一つの新しいスター・トレック」なのだよ。

 この世界がパラレルワールドであることは、作品中盤に登場する、未来から来たMr. スポック(姿を現した途端、「必殺仕事人2009」の中村主水とだぶってしまったよ)もそう語っている。
 冒頭、強大な敵を前に生まれ来る息子を守るためにカークの父親はUSSケルヴィンとともに宇宙に消えるが、スポックが来た元の世界ではカークの父親は生きており、カークの宇宙艦隊入りを喜んでいたと語り、もう一つの世界があることを明らかにする。

 でもここで、ちょっとした小さな期待が芽生えなくもない。

 これがパラレルワールドなら、本筋の世界を描く「スター・トレックXI」が作られないこともないンじゃないだろうか、と。
 やっぱ、まだまだ24世紀のクルーの活躍も観てみたいもンなァ。


icon
icon

 エンドロールにはこれまた、ファン感涙のサプライズ。
 エンディングテーマ導入部にはTV版オリジナルシリーズのテーマ曲が流れ、終盤では、過去の劇場版や、新スタートレックでも使われたお馴染みのテーマが!
 思わずサントラ予約しちゃいましたよ。

スター・トレック (角川文庫)

スター・トレック (角川文庫)

 そして本当に最後の最後に流れるのは、スポックを演じるレナード・ニモイのナレーション。
「宇宙、それは人類に残された最後の開拓地である。
 そこには人類の想像を絶する新しい文明、新しい生命が待ち受けているに違いない。
 これは人類最初の試みとして5年間の調査飛行に飛び立った宇宙船、 U.S.S.エンタープライズ号の驚異に満ちた物語である。」
(ごめん、これはTVシリーズから引用。今回の映画では若干変わっていたかもしれません)






 この「スター・トレック」がソフト化されたら、いよいよBlu-rayに移行かな…。

Posted by at 23時22分   パーマリンク

2008年11月30日(日)

地産地消で行こうよ [よもやまヲタ話]

 ハリウッド版『鉄腕アトム』の予告編。


 YouTube

 う〜〜〜〜〜〜〜〜ン…。どうでしょう。
 オレ的には“ナシ”です。(それでもDVDが出たら買うンだろうけど)

 アトムはまだ妥協できる範囲としても、お茶の水博士が…天馬博士が…ハリウッドのCGアニメ特有の悪人A、悪人Bみたいな顔してる。
 これは酷い。(ッてか、一緒にいるのが変でしょ?)

 手塚作品のアレンジもので許せるのは浦沢直樹の『プルートウ』ぐらいだゾ!

 そもそもなンでハリウッドで作らなければならないンだ?

 もはやハリウッドに任せてちゃいけないンじゃないのか?

 ハリウッドに任せるから、『ゴジラ』だってあンなことになってしまったし、『ドラゴンボール』だって今、とんでもないことになっている…www(YouTubeで動画探したンだけど、ホンモノが見つけられない…orz)
 そもそも、日本人の感性で作られた作品のリメイクをアメリカ人に任せるのが間違いなのかもしれない。
 思い入れの激しいキャラクターのイメージを平気な顔してぶち壊されては堪ったもンじゃない。

 この『鉄腕アトム』にしたって、どうせなら、手塚プロダクション+スクエア・エニックスとかで作れば、手塚キャラの味をもっと活かした作品ができたンじゃないのかなぁ?
 スク・エニは『ファイナル・ファンタジー』で懲りてるかもしれないけど、上質のストーリーと魅力的なキャラクターを作り出せれば“日本のピークサー”になれる素質があると思うンだがね。

 手塚キャラがそのままの姿で3DCG化された「地上最大のロボット」が観てみたいかも!(声は清水マリがいいけど、津村まことでもこの際許す)

 ッて云うか、なぜに日本にはピクサーのような「フルCGアニメ映画専門の制作会社」がないンだろうか?(あったらゴメン)

 まぁ、ハリウッドの財力も当てにしてもいいが、もっと日本主導で作らなきゃダメだろう。
「ぜんぜん似てない!」くらいは云うべきだよ。

 日本の作品は可能な限り国内で映像化して行く、くらいの気概が欲しいな。
 実写版『デビルマン』という悲惨な過去(これはこれで、役者が全員大根なだけで、内容的にはがんばった方だと思うけど)があるにはあるが、現在製作中の実写版『ヤッターマン』と企画段階の『ガッチャマン』にはがんばってもらわなきゃね。

Posted by 源九郎 at 21時28分   パーマリンク

2008年11月20日(木)

幼いカーク船長は美少年 [よもやまヲタ話]

画像(320x135)・拡大画像(579x246)

「マイ・ネーム・イズ、ジェームズ・タイベリアス・カーク!」(ゴメン、英語で書こうとしたけど挫折した…“タイベリアス”の綴りが判らン…orz)
 そう大声で叫んだカークは美少年。

 今回新たにデザインされたエンタープライズ号はちょっと?
 実際飛んでる姿を見れば、また印象は変わるのかもしれないが、第1船体と第2船体をつなぐパイロンの位置。肥大化したワープ・ナセル。
 微妙だなぁ。
 でも、バンダイとかからプラモデルが出たら買っちゃいそうだなw
『スタートレック:ネクスト・ジェネレーション』の時のD型エンタープライズを初めて見た時も「なンじゃこりゃ」と思ったけど、今じゃぁ好きな宇宙船の一つだもンな。

 それにしても、この映画を機会にTVシリーズ再開したりしないンだろうか?
 パラマウントはどうも、スタートレックの歴史を新たに作り直そうとしているような気がしているのはオレだけか?

Posted by 源九郎 at 23時36分   パーマリンク

2008年09月01日(月)

社内パロディ? [よもやまヲタ話]

画像(180x117)・拡大画像(310x202)

 昨日の『炎神戦隊ゴーオンジャー』。
 観た人はお判りでしょうが、ドラマ『相棒』のパロディです。

 杉下右京ならぬ左京が登場。
 口調や佇まいが何気にそっくりなンだけど、それだけじゃぁ、いくら『相棒』ファンのオレでもわざわざぶろ愚に書きません。

画像(180x117)・拡大画像(310x202)

 なぜにわざわざ書いたかというと、同じ『テレビ朝日+東映』作品というコネクションを最大限に利用した、“実際のデカ部屋セット”での撮影に一人舞い上がっていたのでありますよ。

 ニセものが本物の特命係のデカ部屋で演技する。

 ここに「ヒマか?」とかいつもの台詞で角田課長が現れたりしたら本当に最高だったンだけど、さすがにそこまで望むのは無理だったようだ。

Posted by 源九郎 at 00時27分   パーマリンク

2008年08月21日(木)

3度目のさよなら? [よもやまヲタ話]

劇場版 仮面ライダー電王&キバ クライマックス刑事

劇場版 仮面ライダー電王&キバ クライマックス刑事

 知らなかった。またやるンだねェ…。
 今度こそ最後、だとか。

 まぁ、確かに、『クライマックス刑事』はコミカル要素が強すぎて、“最後”に相応しいとは云えないからなぁ。もともと、Vシネマだったものを劇場公開に切り替えたンだから仕方ないか。

 それにしても、公開は10月ッて、4月に「電王+キバ」に現在公開中の「キバ」、そしてこの「劇場版さらば仮面ライダー電王/ファイナル・カウントダウン」。
 東映さんも、一体1年に何回ライダー映画をやるンだか。

Posted by 源九郎 at 02時51分   パーマリンク

2008年08月09日(土)

iPhoneは24世紀からやって来た? [よもやまヲタ話]

画像(180x179)・拡大画像(350x350)

トリコーダー

 仕事中、あまりにも暇のなで、こンなことを考えてみた。

 STAR TREKのトリコーダーの動作音がして、iPhoneを上下に振ると表示されている数値が変化するものや、液晶画面のボタンを押すとフェイザー銃の発射音がするiPhone 3G(と、iPod touch)用のジョークアプリを誰か作ってくれないかなぁ〜ッてね。

 果ては、技術的には、今まであったようなバックライトが光るだけ、とかシールを貼っただけといったような“ちゃッちぃ”おもちゃじゃなくて、携帯電話の小型集積技術も取り込んで、各ボタンを押すと、“それっぽい”画像をアニメーションも交えて切り替えて表示する“本物より本物ッぽい”おもちゃが作れてしまうンじゃないかなぁ、とか考えたりしていた。

 そンなことをアレコレと考えているうちに、あることに気がついた。

 iPhoneとSTAR TREKの関係。

 STAR TREK :DEEP SPACE NINE(DS9)の1エピソードに、ジェム=ハダーの攻撃で機能しなくなったブリッジの代わりに、機関室からディファイアントを操舵する、という話があるのだが、ブリッジから機関室へやって来たウォーフが機関部のコンソールパネルを見て思わず怒鳴る。
「誰がコレをレイアウトしたンだ?」と。
 続けて、「ブリッジのパネルと同じレイアウトにしなければ、使いづらいじゃないか」
 もちろん言い回しは正確じゃないけど、そこはご勘弁。

 STAR TREK :THE NEXT GENERATION以降の作品を観たことのある人なら判るだろうが、24世紀の宇宙船の操作パネルはiPhone同様、タッチパネルになっている。
 しかも、目的によって、異なる内容のパネルを切り替えて使えるのだ。

 操舵席に座っていながら時には武器コンソールを呼び出したりも出来るのだ。(もちろん、専門の武器ステーションや科学ステーションと呼ばれる場所があり、そこで操作した方が、より細かく作業が出来るという設定にはなっているけどね)

 まぁ、あくまでも設定上の話で、実際には、絵だったり、合成だったりするンだけど、液晶画面をその都度、必要な機能に切り替えてタッチパネルで操作する様はもうiPhoneそのもの。

 極論すれば、iPhoneは24世紀のテクノロジーをこの21世紀に実現させたものなのダ!

 さらに極論すれば、AppleのCEO、ジョブスはトレッキーだった、ということになるのダ!




 もちろん真偽のほどは、定かではない。




 先述のジョークアプリ、自分でも作れるかなぁ、とか思ったけど、iPhone SDKの動作条件が、インテルMac+Leoprd限定だった…。

 誰か作ってぇ〜。

Posted by 源九郎 at 22時36分   パーマリンク

2008年08月03日(日)

これでいいのダ [よもやまヲタ話]

 手塚治虫先生、石ノ森章太郎先生、藤子・F・不二雄先生。

 そして、赤塚不二夫先生。

 またトキワ荘メンバーの一人が逝ってしまわれた。

 ご冥福をお祈り致します。

Posted by 源九郎 at 07時40分   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

    follow me on Twitter

     iTunes Store(Japan)

    セブンアンドワイ

    最近の記事

    最近のコメント

    検索


    上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

    カテゴリーリスト

    リンク集

    RSS1.0

    [Login]


    powered by a-blog
    Copyright (C) 2005-2010 ぶろ愚の骨頂 All rights reserved.