ぶろ愚の骨頂

源九郎の日々のつれづれ、心のつれづれ、Mac & iPhone 3Gのつれづれ

10

2006


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        


このボタンの付いている曲は、
iTunse Storeから購入出来ます。
購入にはあらかじめiTunse
インストールが必要です。 お支払いは、クレジットカード、またはiTunse Cardとなります。

 iTunes Music Store(Japan)

ウィルコムストア

Google

2006年09月05日(火)

学習能力まるでナシ [今もそこにある光]

 冬ッちが新たにやりたいことを見つけたことで、元カレAのコトを思い出した。

 元カレAとオレが知り合った頃のあいつの夢は店を持つことだった。喫茶店のような、ちょっとした食事ができるおしゃれな店。
 Aの両親に会いに行った時に、連れられていった老紳士がやっている店が手本らしく、こんな店をやってみたいと目を輝かせて云っていたっけ。

 しばらくして、学校の体験授業とかで、5日間ほど保育園での仕事に触れたAは保育園での仕事や子供たちとの触れ合いがよっぽど性に合ったらしく「やりたいことが見つかった。オレ、保育士になる」と宣言。保育士になるには短大や専門学校で資格を取らなければならないと知るや、進路を短大に決め、それまで進級すら不安だったのに、両親に頼んで家庭教師を雇ってもらい、その夢のために一生懸命に勉強し始めた。

 もともとの「店を持ちたい」という夢は、「大切な人たちに、美味しいものを食べてもらいたい」そんな思いが「店」と云う形で夢に描いていたらしい。
「でもそれも必要なくなった」
 新しい夢を見つけた後に会った時にあいつはそう云った。
「だって、将来、源さんと一緒に住むようになったら、源さんに毎日食事を作ってあげられるから。大切な人に食事を作ってあげられるなら、店は必要ないの」

 あいつのもう一つの夢は、大好きな人と一緒に住むこと。
「学校を卒業したら一緒に住もう」
 それが二人の約束。

 それをオレが裏切った。

 オレには預金がなかった。一緒に住むには、オレがいまの仕事を辞め、Aの地元に引っ越し、新たに職を探さなければならないのにそのための蓄えが全くなかった。蓄えるどころか浪費し続けた、と云った方がいいだろう。

 それを知った時、あいつの心の中からオレは消えたンだ。

 オレがフラれたのは、オレがあいつを裏切ったから。

 オレがあいつの夢を壊したから。

 フラれて当然なのだ。

 別れてから、あいつが果たして短大に合格したのかすらオレは知らない。知る術がない。
 知りはしないが、オレは合格したと信じている。そして来年春。無事合格して、晴れて保育士になる夢を果たすことだろう。
 そして、もう一つの夢は、オレではない、別の誰かともう既に果たしているかも知れない…。

 そしてオレは…。

 何も学習していない。あれから2年以上も経つというのに結局預金もなし。蓄えもないクセに無謀にも転職や転居を図ろうとしている。
 楽観主義にも程がある。

 学習能力のないオレには、結局、恋愛すらする資格はないのかも知れないね。

Posted by 源九郎 at 15時52分   パーマリンク

2006年06月08日(木)

やってもうた… [今もそこにある光]

 つい、ついなンだけど、やってしまった…。
 mixiに登録から早くも3ヶ月が経とうとしているが、今まで避け続けてきたこと、それは『元カレのページを踏む』ということ。昨夜つい、ソレをやってしまったのだ。
 フラれてからもうすぐ2年。これまでできる限り、あいつにオレの存在を思い出させないようにしてきた。忘れられているなら、それであいつが幸せならそれでいいのだ。あいつが次にログインするまでに、沢山の人が足跡残しまくって、オレの足跡が押し出されて消えてしまうことを祈ろう。

 とりあえず、あいつは今も彼氏がいて幸せでいることが判った。辛いことではあるが、それが判っただけでもいい。

Posted by 源九郎 at 10時53分   パーマリンク

2006年03月11日(土)

mixi体験 [今もそこにある光]

 最近知り合ったメル友の誘いでmixiに登録してみました。
 興味がなかったわけではないンでね。最近あちこちでサービスが開始されていてSNSも話題になってきてるし。(でもmixiは老舗な分話題性に欠けてきてる?)
 で、登録後最初にしたことはと云うと…あいつ探し…。見つけた。嬉しかった。でも、足跡は残さないようにトップは開かないようにした。
 元気にしていることが解ればいい。オレのことは忘れられたままでいい。
 これが今のオレの考えだから。

 ともあれ、どうなるオレのmixi体験。

Posted by 源九郎 at 23時34分   パーマリンク

2006年02月05日(日)

5センチ。 [今もそこにある光]

『君が思うよりも僕は
 君を必要としていて
 右肩上がりに高まる気持ち
 どう君に伝えればいいの?』

5センチ。

5センチ。

 突然、大切に思えなくなった、と云われたからといってオレの気持ちがガラリと変わる訳じゃない。連絡を絶っても、その存在が頭の中から消える訳じゃない。
 別れてから知る、その存在の大切さ、自分自身の不甲斐なさ…。
 だからといって、この気持ち、2度と伝えることはないだろうけどね。この想いはこのまま、地獄の底に持って行くサ。

Posted by 源九郎 at 20時11分   パーマリンク

2006年01月22日(日)

雪の華 [今もそこにある光]

 なンで2年も前の曲が今頃かかるかなぁ〜。それも、店でよくかけているUSENの「リクエスト週間ランキングチャンネル」で…。
 まぁ、時期が時期だからかも知れないが、むしろ時期的にはもうちょっと前、12月くらいの雪の降りはじめの頃の曲だろ、コレ。正直、この曲聴くの、辛いンだよな…。好きな曲なンだけどサ…。思い入れがあるだけに、尚更辛い…。

 今日、あいつの日記が更新されていた。元気でいる証拠。それを知ることが出来るだけで安心する。
 いつかは知りたくもないことを読むことになるかも知れない。それでも、あいつが元気でいることが、幸せにやっていることが知ることが出来るのなら、このまま遠くから日記を読み続けよう。

雪の華

雪の華

 何もしてやれなかったオレにはもうそれしかないのだから。

Posted by 源九郎 at 23時15分   パーマリンク

2006年01月20日(金)

粉雪 [今もそこにある光]

『それでも一億人から君を見つけたよ』
 一億人の中からあいつに出会えた。そう考えると凄いことだったンだよな。
 これから先、ひょっとすると出会いはあるかも知れないが、あいつに出会えた時のような喜びを感じることが出来るだろうか…。
 出会えたとしても、あいつと比較してしまいそうで、怖くもある。

粉雪

粉雪

 過去の思いを引きずりながら新しい出会いを求めるなンて、自分勝手だよな。(まるで石田純一だ)

Posted by 源九郎 at 18時08分   パーマリンク

2006年01月08日(日)

嬉しい知らせ [今もそこにある光]

 ホムペ再開おめでとう。いや、再々開か…?
 ギャラリーの作品も増えて、日記も書いて、今度は本格的な再開みたいだね。スノボに挑戦したのは意外で驚きだったけど、良かった、元気そうで。
 オレのホムペへのリンクが無くなっていたのはちょっとショックだったけど、当然といえば当然。もう君の中にはオレはいないンだからな。
 それでいい。それでいいンだ…。
 元気でやっていることが解っただけで、それだけで充分だ。

Posted by 源九郎 at 12時45分   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

    follow me on Twitter

     iTunes Store(Japan)

    セブンアンドワイ

    最近の記事

    最近のコメント

    検索


    上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

    カテゴリーリスト

    リンク集

    RSS1.0

    [Login]


    powered by a-blog
    Copyright (C) 2005-2010 ぶろ愚の骨頂 All rights reserved.