ぶろ愚の骨頂

源九郎の日々のつれづれ、心のつれづれ、Mac & iPhone 3Gのつれづれ

9

2021


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    


このボタンの付いている曲は、
iTunse Storeから購入出来ます。
購入にはあらかじめiTunse
インストールが必要です。 お支払いは、クレジットカード、またはiTunse Cardとなります。

 iTunes Music Store(Japan)

ウィルコムストア

Google

2008年01月08日(火)

この手があったじゃないか! [週刊蒸気機関車C62を作る]

 行きつけの書店に入荷しなくなった『週刊蒸気機関車C62を作る』。
 これで続行断念か…!と、思いきや、いい手を思い付いちゃいました〜。

 フフフ。それも、前回書いた、札幌まで探しに行く、と云うものではなく、むしろ来てもらおうと云う話。
 ネットで買やぁいいンだよ。簡単な話。

 と、いうことで、早速セブンアンドワイで検索。もち、右側にあるバナーから。

 ところで、このぶろ愚の右側に並んでいるバナー(携帯からじゃ見えないだろうけど)は、基本的にはオレのためにある。
 もちろん、このぶろ愚を見てくれた人が、ここから各サイトに飛んでお買い物をしてくれたのなら、この上ない喜びではあるンだけれども、正直、こンなにをバナーベタベタと貼りまくったぶろ愚、重くてありがた迷惑なのは十分判っている。判っているンだけど、人頼みにしているよりは、どうせ買わなければならないものならば、自分でガシガシ買い物して、使ったうちのわずかでも回収出来れば、と思っていたりするのだ。
 で、思い立った時にいつでもサイトに行けるようにと貼ってあるのだ。(ホントはヨドバシ派なくせに、ビックカメラが貼ってあるのはご愛敬。ビックカメラのポイントカード持ってないし…笑)
 ちょっと前まではamazonがメインだったンだけれども、自分で買った分にはアフィリエイト報酬が発生しないッてこともあり、最近では、楽天市場か、セブンアンドワイをよく利用している。
 特にセブンアンドワイは、支払い受け取り共に近所のセブンイレブン店頭で出来るのでかなり便利。オレは会社帰りに取りに行けるように、駅の近のセブンイレブンで取り置きしてもらってるけどね。

 検索して見るとあるある。
 ただし、1号2号といった表記ではなく、○月○日号といった表記で少々戸惑う。
 とりあえずの目的の15号は画像が載っていたので問題なく注文。
 ンで到着。
 残りの号は発売日から推測して買って行けばいい。

 フフフ、フフフフフ。オレは負けない。
 続けるよ〜。

 さて、16号と17号を注文しなきゃ。
 これで追いつく。

Posted by 源九郎 at 20時37分   パーマリンク

2008年01月02日(水)

ついに恐れていたことが… [週刊蒸気機関車C62を作る]

 昨日の深夜の帰宅後、録画しておいた『新春かくし芸大会』を見た。

 もちイケメン目当て…。

 特に、今年の新ライダー『仮面ライダーキバ』の主役に決まった瀬戸康史くんが出ているのが決め手。
 いつ出るか判らないこの数分のためにわざわざ3時間も録画したのだから。

 録画しておいて良かった〜〜〜〜〜〜〜〜。

 ふんどし姿に萌え。いやいや、それどころか発情寸前。
 DVDレコーダーを持っていないのが、返す返すも残念。永久保存版として残しておきたかった…。

 どなたか、心優しい人がいましたら、DVDコピーしたの下さい。

 あぁ、『キバ』のDVDが発売したら、気合い入れて買わねば!



 買わねばと云えば、先月買った14号で止まっていた『蒸気機関車C62を作る』。
 久々に続きを買いに行ったのだが…

 ショック!

 売ってない…。

 ここに来て挫折か?

 いやいや、こんなことでは負けない。どんな手を使ってでも買ってやる。
 とりあえず、給料出たら札幌行って書店巡りだ。

 とか云いながら、紀伊国屋書店に行きゃ売ってるだろ、とか高を括ってるンだけど…最悪、デアゴのサイトから直接買えばいいンだよな。

 それにしても、近場で買えなくなったのは痛いな。
 そろそろ定期購読申し込むか?

Posted by 源九郎 at 23時48分   パーマリンク

2007年11月29日(木)

意外に続くよ今回は [週刊蒸気機関車C62を作る]

 タイトルは「線路は続くよどこまでも〜♪」の節で読んで下さい。

 続いてます。今日、歯医者の帰りにいつもの書店で最新の13号を買ってきました。
 ここまで続いているのは初めてだ。
 これまで、『戦艦大和』も『ロボットもの』も、10号と続かずに挫折。今回はよくもここまで続いているものだと我ながら驚いていたりもする。

 まぁ、順調に買い進めているだけで、まだ完全に組み立ててはいないンだけどね。組み立ててしまっては、塗装に支障が来しそうな部分や、組み立てて、そのままの状態で置いておくと壊れてしまいそうな細かい部分はまだ組み立てていない。

 ッてか、早く塗装に関する情報を提供してくれないかなぁ。
 どっかで早速塗ってる人のブログでも探して参考にしようかな。

 …昔から、プラモデルとかまともに仕上げたことないンだけどね。

Posted by 源九郎 at 16時53分   パーマリンク

2007年10月09日(火)

ギリギリセーフ [週刊蒸気機関車C62を作る]

 2週間遅れで第4号、1週間遅れで第5号購入。本来なら今日は第6号の発売日だが、ここは田舎な場所なので入荷が遅れ、1〜2日後には店頭に出るだろう…(汗

 田舎な所為かどうかは不明だが、市内で一番大きい書店であるTSUTAYAにはこの『C62を作る』はなぜか店頭に並んでいない。オレが覗いた時には既に売り切れているとも考えられるので、実際はどうか判らンが、オレは並んでいるところをまだ見ていない。
 仕方がないので、いつもは西友にある書店で買っているのだが、ここでも1冊しか置いていない。2週遅れで売り切れてやしないかと冷や汗ものだったが、なンの問題もなく買えたッてことは、その1冊をオレが買っていると云う状況なンだろうな。
 多分、オレが買わなくなったら入荷すらしなくなるンだろうな、とか思いつつ、この2週遅れの購入が、第6号の入荷に影響してはいないだろうかとちょっと心配だったりもする。明日、明後日と覗いてみようと思っているが、売っていなかったらどうしよう。
 ま、12日にApple Store SAPPOROに行ってiPod touchをいじってこようと思っているので、その時についでに買って来りゃいいか。通信販売ッて手もあるしね。
 そのうち定期購読に切り替えなきゃな。

 第4号のパーツは第1動輪。このパーツ収納のため、本の厚さは5センチ以上! こンなにかさばる本じゃ本屋も迷惑だよな。

 それにしてもこの第1動輪の大きさには驚いた。直径7センチ。先日組み立てた煙室よりも一回り小さい程度。SLの車輪ッて、想像以上にデカかったンだなと実感。実物は人の背丈ほどもあるらしいからね。
 そういや、TSUTAYAの近くにある公園にD51ともう1台、SLが置いてあったっけ。今度近くで見て来ようかな。

画像(320x240)・拡大画像(480x360)

デカイ!

Posted by 源九郎 at 23時12分   パーマリンク

2007年09月20日(木)

結構形になってるじゃン [週刊蒸気機関車C62を作る]

 今日からいよいよ歯の治療開始。
 差し歯が土台ごと採れてから10年以上もほったらかしにしておいた場所の抜歯。本当は奥歯から手を付けて欲しかったンだけど、ここの根元が化膿していてヤバいッてンで、まずはここから。
 さすがに10年以上はマズいよな。

 麻酔注射のあといよいよ抜歯。アゴが変形するかと思った…。

 明日は朝一番にもう一度行って抜歯したところの消毒。
 朝から歯医者に行って、一度帰宅して遅番出勤…。下手に会社の近くの歯医者を選んだばっかりに、一日に二往復もしなけりゃならなくなった。
 今度はもうちょっと時間を考えて予約しなきゃな。

 そして、その歯医者の帰りに買ってきたのは『週刊蒸気機関車C62を作る 第3号』。ここまでは順調。いつもこのくらいは行くンだよな。最高で2ヶ月くらいかな、続いたのは。
 今日も、本屋の店頭にあったのはこの1冊のみ。この1冊を買い逃すと本当に手に入れるのが難しくなり、後々にも影響する。
 なにしろ今回は1冊1,890円。1週分買いそびれて、次の週に2週分買おうとすれば一気に4,000円近い金が飛んで行くことになる。2,000円ずつ2週に分けて4,000円を使うのと、1回で4,000円を使うのとでは、同じようだが気分が違う。判ってもらえるかな?

 3号貯まったところで組み立てに挑戦。
 煙突の取り付けに少々手間取るも、一応完成。これだけでも十分蒸気機関車になっている。
 SLの煙突ッて、意外と小さかったンだなぁと実感。もちろん、車種によっては大きいものもあるンだろうけど、もっと大きな印象があったからな。

 今は真鍮の素材の色そのものだけど、最終的には色を塗るつもりでいるンだが、本誌では最後の最後で塗装について説明するとあるのだが、組み立ててから色を塗ると云うのはどうもオレには腑に落ちないンだよなぁ。

画像(320x240)・拡大画像(480x360)

これだけで既に蒸気機関車。

Posted by 源九郎 at 23時00分   パーマリンク

2007年09月10日(月)

また挑戦するようだ [週刊蒸気機関車C62を作る]

 今月の8日9日の2日間。SL夕張応援号と云うイベント列車がJR石勝線の一部の区間を走った。
 SLが夕張の町を走るのは実に32年ぶりらしいが、オレは子供の頃に、実際に黒煙を吐きながら走るSLの姿をこの目で間近に見ている。その所為かどうかは知れないが、別段、鉄道ファンと云うわけでもないオレでも、ことSLに関してはどこか惹かれるところがある。
 オレの生まれ住んでいた夕張南部(南大夕張)は終点で、山の斜面に建てられた小学校から伸びる坂道の丁度T字路にあったその駅には今も、ラッセル車(除雪車)や客車が、三菱大夕張鉄道保存会というボランティアの手で保存公開されているらしい。
 また、機会があったら夕張の地を踏んでみたいと思う気持ちはあるのだが、車も持っていないこともあってなかなかそンな機会に巡り会えないでいる。もう何年夕張に帰ってないンだろ?
 そのうち、泊まりがけで行ってこようかな。(転職が成功しなきゃ、まとまった休みすら取れないけど…)

 で、本題。
 買っちゃいました。「週刊蒸気機関車C62を作る」…。

「何回同じ失敗を繰り返せばいいンだ?」とか聞かれそうだけど、まだ失敗するとは決まっちゃいない!
 とりあえず、今月発行分は店頭で買って、来月分からは定期購読を申し込む予定。手続き自体は今月中にしてね。
 この手の本ッて、かさばるからなのか、発刊して2〜3ヶ月もすると、店頭に置かれなくなるンだよね。田舎だからか?
 確実に手に入れて、なおかつ続けて行くには定期購読しか方法はないンだ。
 ともあれ、全100号。完成するまでに2年以上かかる完成すれば約1mの巨体。

 今度こそ、今度こそ、今度こそ完成させるゾ〜!

Posted by 源九郎 at 23時38分   パーマリンク

ページのトップへ ページのトップへ

    follow me on Twitter

     iTunes Store(Japan)

    セブンアンドワイ

    最近の記事

    最近のコメント

    検索


    上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

    カテゴリーリスト

    リンク集

    RSS1.0

    [Login]


    powered by a-blog
    Copyright (C) 2005-2010 ぶろ愚の骨頂 All rights reserved.