ぶろ愚の骨頂

源九郎の日々のつれづれ、心のつれづれ、Mac & iPhone 3Gのつれづれ

9

2021


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    


このボタンの付いている曲は、
iTunse Storeから購入出来ます。
購入にはあらかじめiTunse
インストールが必要です。 お支払いは、クレジットカード、またはiTunse Cardとなります。

 iTunes Music Store(Japan)

ウィルコムストア

Google

2008年07月01日(火)

ありがとうな一瞬 [ちょいエロばなし]

 ちょくちょくウチの店にジャグラーを打ちに来る惜しい兄ちゃん。
 なにが惜しいッて、黙っていればまぁまぁ可愛い系なンだけど、ほとんど瞬きをしない見開かれた目と猫背の姿勢がなンとも云えない“怪しさ”を醸し出しているのだ。
 その兄ちゃんが今日はピッチピチのTシャツを着て現れた。
 ヒョロヒョロッとしたスタイルにピッチピチのTシャツがなンとも云えずエロかったりするンだけど、1度だけそのピッチピチのTシャツの裾がめくれてパンツと腿の付け根の微妙なラインが…!(判ってもらえるかな?)

 もちろん一瞬目線が釘付け。

 エロいです。

 最高です。

 惜しかろうがなかろうが、若い男のコのキレイな肌、それも“微妙なライン”…。(だから、判ってもらえるのか?)

 どうもありがとう、な一瞬でした。
 

六本木~GIROPPON~

鼠先輩「六本木~GIROPPON~」

「ポーッポー
 ポーポポポポポ
 ポーポーポポッポー」
羞恥心 - 泣かないで - Single
 どうしてこンなのがヒットするンだろう?

Posted by 源九郎 at 23時36分   パーマリンク

2008年06月18日(水)

またまたプチ発情中 [ちょいエロばなし]

 しているみたいです。

 発情w

 あンなことや、こンなことを妄想したりしてます。

 あの日のことが尾を引いているのだろうか?
「僕の弟の初Hの相手になってください」とかいうメールのせいだろうか?

 可愛いコを見ては、『必殺!5』の中村主水よろしく「いっぺんヤリたいねぇ…」とか小さく呟いたりしてます。

 初物食い、しましょうか?

ゲイ動画サイト サンクチュアリ

Posted by 源九郎 at 14時30分   パーマリンク

2007年11月06日(火)

発情中? [ちょいエロばなし]

 先々月の記事に書いた某出会い系サイト。不思議なくらいにメッセージが送られてくる。無料の掲示板に載せても全く無反応なのに、有料にも関わらず、1日に1人はメッセージを送ってくる。不思議なことにその大半が20代前半。(20代後半以降はスルーだけどね…)
 一応顔は晒しているとは云え、よくもまぁこんなオッサンにメッセージを送ってくるものだと我ながら思ってしまう。
 メッセージをくれても中身を読むことは出来ず、タイトルを読む程度なのだが、最近の傾向として何やらエロいタイトルが目立つ。
「会った瞬間に犯して欲しいです、ケツ開いて待ってます」だの「アナルが疼きます!注射して下さい!」「僕、今年で二十歳なんですけど、すでに種壺なんです」「女装子よ!一言だけ言わせて・・私を抱いて」などなど、読んでいるだけで何やら変な気分になってくる。一応『友達募集』で登録してるのにね。
 よくよく考えてみれば、最後にえっちしたのは3年前。ソフトなのは最近もあるが、本格的(?)なのはとんとご無沙汰。ムラムラしても不思議じゃないよな。
 ムラムラし過ぎて“そんな人間”になってもいいかな、とさえ思えてくる。

 誰でもいいから好きでもない人とやりたい時にやる。

 別に、そう云う行為を否定するつもりはないよ。ただ、今までのオレの頭の中にはそういった考えがなかっただけ。(全くなかったわけではないけどね…)
 まぁ、数をこなせば経験不足なえっち下手も解消されるし、欲求不満も解消されるしと一石二鳥じゃんとかも思ったりしてね。

 もちろん、好きな相手とするのが理想だけど、好きだからこそあえてやらないと云う一面もある。
 ただの友だちと思われているのなら、オレは友だちに徹する。かなり年の離れた友だちで、相手にとっちゃ迷惑なだけかもしれないけどね。

 

もう君がいない

もう君がいない/FUNKY MONKEY BABYS

FUNKY MONKEY BABYS - もう君がいない - Single

FUNKY MONKEY BABYS - もう君がいない - Single

 3年前のオレなら、心にズキンと来るような歌詞。
 ま、今も大して変わらない心境だけどね。ただ、最後の一文が欠けているのが残念だよ。

Posted by 源九郎 at 17時11分   パーマリンク

2006年11月14日(火)

同級生 [ちょいエロばなし]

 ジジィの驚異はもう去ったみたいだな…。
 今日のぶろ愚はちょいエロ入ります。(初?)

 今日、店に始めてきたカップルの男の方。おでこが広くてペシペシしたかった。(デコフェチではない)
 ちょっと可愛い感じのこの男の子。誰かに似ているなぁ、と思いながらチラ見をしていてはたと気がついた。

 中学時代の同級生に似ているのだ。

 その同級生は中学2〜3年の頃の仲良しグループの一人で、ベビーフェイスの可愛い系。
 そいつとは卒業間際の一度だけ、休み時間に学生ズボンの上から大きくなった股間をふざけて触りあったことがあった。(触りあうというか、大きさを確かめあうというか)
 その後、別々の高校に進学したのだが、たまたま街で再会した時に、そいつの家に遊びに行くことになった。
 そこで、裏ビデオを見せられ、成り行きで見せあい、扱きあい…ん〜、その時フェラまで行ったっけかな? まぁ、そんなことをしたのだ。

 この時が高校1年のオレのゲイの目覚めだったのかも知れない。(思えば、それ以前からもその傾向はあったにはあったンだけどね)

 そいつとはその後も何度か会って、そういったことをしたのだが、恋愛感情は湧かなかったなぁ。
 当然のことにそいつとは最後まではヤラなかった。一度だけキスをしてきたことがあったけど、なぜかオレは強烈に拒んだっけ。
 男のチ○ポは舐めるくせに、なぜか男とのキスは拒む…。あの時の心理は何だったンだろう?

 高校卒業後、街中で出会ったそいつの傍らには彼女らしき女がいたのだが、あいつ、バイだったンだろうか。それともただの興味本位だったのか?(興味本位で何度もやるかな? しかも電話で呼び出してまで)
 まぁ、どっちでもかまわンけど…。

 この話を卒業アルバム見せながら元カレに話したら、ひどくヤキモチ妬いてたっけ。写真に向かって『この人、嫌い!』だって。

 あいつもこれくらい妬いてくれりゃぁなぁ〜。もぉ〜、ヘソ曲がりめ!

Posted by 源九郎 at 20時33分   パーマリンク

ページのトップへ ページのトップへ

    follow me on Twitter

     iTunes Store(Japan)

    セブンアンドワイ

    最近の記事

    最近のコメント

    検索


    上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

    カテゴリーリスト

    リンク集

    RSS1.0

    [Login]


    powered by a-blog
    Copyright (C) 2005-2010 ぶろ愚の骨頂 All rights reserved.