ぶろ愚の骨頂

源九郎の日々のつれづれ、心のつれづれ、Mac & iPhone 3Gのつれづれ

6

2021


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      


このボタンの付いている曲は、
iTunse Storeから購入出来ます。
購入にはあらかじめiTunse
インストールが必要です。 お支払いは、クレジットカード、またはiTunse Cardとなります。

 iTunes Music Store(Japan)

ウィルコムストア

Google

2010年03月12日(金)

必殺DVDマガジン仕事人ファイル創刊 [必殺ヲタ話]

画像(126x180)・拡大画像(230x327)

必殺DVDマガジン仕事人ファイル 1

 なンだか、嬉しくも悲しいタイミングだ。
 編集、印刷の期間を考慮すれば、当然、藤田まことさんがまだお元気な頃からこの企画は進められていたのだろうが、このタイミングでの創刊には、へそ曲がりなオレはうがった見方をしてしまわずにはいられなかったりする。

 まぁ、この雑誌の存在を知った瞬間、大喜びをしたのも事実。
 とは云え、てっきりデアゴのこの手の分割百科のように50号、100号と、各シリーズ、スペシャル、劇場版でのエピソードを交えて闇の仕事師たちを紹介して行くものだとばっかり思っていたら調べて行くうちに、全10冊で完結してしまう事が判明。

 ラインナップは下記の通り。
1・中村主水(仕置人ほか。3/11発売)
2・三味線屋 勇次(新仕事人ほか。3/25発売)
3・知らぬ顔の半兵衛(仕事屋。4/23発売)
4・飾り職の秀(仕事人ほか。4/23発売)
5・念仏の鉄(仕置人ほか。5/25発売)
6・市松(仕置屋。5/25発売)
7・糸井貢(仕留人。6/25発売)
8・組紐屋の竜(仕事人Vほか。6/25発売)
9・花屋の政(仕事人Vほか。7/23発売)
10・赤井剣之介(仕業人。7/23発売)

 いいとこ押さえているようで、変に中途半端。
 こりゃ、分冊百科の本家本元、デアゴスティーニに…と云いたいところだけど、既に権利関係を講談社が押さえてるだろうからなぁ…。

 お願いだから、健全無欠の保存版『必殺ファクトファイル』を作ってくれよぉ。

画像(127x180)・拡大画像(230x324)

必殺DVDマガジン仕事人ファイル 2

『必殺DVDマガジン仕事人ファイル 1』
セブンネットショッピングで買う。
amazonで買う。


『必殺DVDマガジン仕事人ファイル 2』
セブンネットショッピングで買う。
amazonで買う。

Posted by 源九郎 at 23時55分   パーマリンク

2010年02月18日(木)

主水死す [必殺ヲタ話]

画像(114x180)・拡大画像(287x450)

必殺仕事人2007より

 ぶろ愚復活、2010年最初のぶろ愚が訃報になるとは愛しすぎる。

 昨日17日、藤田まことさんが亡くなられた。

 もう二度と、新しい中村主水を観る事はできないが、氏がこれまで演じてきた中村主水、音川音次郎、安浦吉之助、秋山小兵衛そして、数多のキャラクターはこれからも生き続けて行く。

 ぐだぐだと思い出話を書き連ねようとも思ったけど、それはまた今度にしよう。
 今は必殺シリーズのDVDを引っ張り出してきて、在りし日を偲びながらご冥福を祈ろう。

 合掌。

Posted by 源九郎 at 19時12分   パーマリンク

2009年06月17日(水)

今月も破産寸前! [必殺ヲタ話]

必殺仕事人2009 新春スペシャル [DVD]

必殺仕事人2009 新春スペシャル [DVD]

 最新作『必殺仕事人2009』DVD発売!

 それにしても、スペシャル単品とDVD-BOX同時発売はきついです。
 本当は『必殺仕事人IV DVD-BOX 下巻』も今月発売なのに…。これは結局買わなかったけど、いつかは買いますよ、もちろん。

必殺仕事人2009 DVD-BOX 上巻 [DVD]

必殺仕事人2009 DVD-BOX 上巻 [DVD]

 それにしても、今回はいつものamazonではなく、セブンアンドワイで注文したンだけど、同日発売の商品を同日に注文したのに、別々に発送するのやめてくれないかなぁ。
 いちいち注文番号を2つ伝えるのが面倒な上に、全然エコじゃない。
 予約商品に関してはやっぱ、amazonで注文するのが一番かなぁ、とか思いながら、nanacoポイントも捨て難い(あと、アフィリエイト・フィーも)と思ってしまう。

 とは云え、今月も破産寸前です。
「ちゃんと貯金してる?」ッて、この間、問いつめられたばかりなのになぁ。

Posted by at 23時40分   パーマリンク

2008年12月17日(水)

お元気そうで何よりでした [必殺ヲタ話]

画像(119x180)・拡大画像(299x450)

 風邪がぶり返す前日、藤田まことの復帰会見の記事を読んでそのことをネタに喜びの記事を書こうと思っていたのに、その模様をワイドショーで観ている自分が臥せってしまうとは情けない…。

 テレビに映し出された藤田まことは元気そうで、顔色も良く、やつれた風も感じられず、とりあえずは手術は成功したと喜んでもいいンだろうね。
 これで、今後数年間(5年だっけ?)再発や転移が発見されなければ安心なンだろうけどね。

 藤田まこと自身、復帰作の第一弾が、往年のはまり役であり代表作でもある中村主水であることに因縁めいたものを感じていたようだけれども、ぜひとも、藤田まことには、中村主水のように“殺されても死なない”くらいしぶとく生きてもらいたい。
 そう、切に願うばかりだ。

 新シリーズ『必殺仕事人2009』は1月4日がスペシャル。1月9日からレギュラー放送がスタート!




 現在、風邪の治癒率50%くらいかな?
 さすがに仕事をしながらでは、治るものも治り辛いわなぁ。それでも、仕事を休むワケにもいかないのが現実。先月、同じく風邪で1日休んだら、皆勤手当+1日分の給料でマイナス1万2千円!
 イタイ、イタイよ〜〜〜〜〜!

 このイタイ最中にヤフオクで落札した最後の必殺スペシャル「せん・りつ誘拐される主水どうする? 江戸政界の黒幕と対決!純金のカラクリ座敷」のDVDを観る。
 まだまだ現役の中村主水! 丹波哲郎に山城新伍! ッてか、美保純が若いw



Posted by 源九郎 at 23時03分   パーマリンク

2008年10月12日(日)

キタキタキタキタキターーーーーー!!!!! [必殺ヲタ話]

必殺仕事人 2007

必殺仕事人 2007

 今年はやっぱり「必殺仕事人2008」はナシかぁ、と落胆に暮れていてのもつかの間、トンデモ嬉しいニュース。

 新シリーズ「必殺仕事人2009」来年1月スタート!
 しかも毎週金曜日の夜9時!(惜しい、後1時間遅ければ…)

 キャストは昨年放送されたスペシャル「必殺仕事人2007」そのままに、東山紀之、松岡昌宏、大倉忠義、和久井映見、水川あさみ、そして、藤田まこと!

 アレ、藤田まことはいつの間に退院したンだ?

Posted by 源九郎 at 19時17分   パーマリンク

2008年04月07日(月)

DVD発売決定! [必殺ヲタ話]


icon
icon もう、ネットで落としたファイルから焼き上げたDVDを観る必要はないンだなぁ。
 製品版にはちゃんとチャプターもついてるンだよなぁ。

 あ、云い忘れてた。
 去年の夏に満を持して復活した『必殺仕事人2007』がDVDになって5月30日に発売決定。

 もちろん買います。

 絶対買います。

 誰がなンと云おうと買います!
 だって待ってたンだもん。
 キレイな画像で観たかったンだもん。

 だから買います。予約します。

 出来ることなら『2008』も作って下さい。
 いや、テレビシリーズの新作もお願いします!

 因みに掲載画像は恐らくダミー。
 まだ正式のものが出来ていないからか、それとも、ジャニーズ事務所への配慮か?
 ジャニーズ事務所のネット嫌いは有名で、ネットショップの商品写真の掲載拒否にまで及んでるンだよね。

Posted by 源九郎 at 22時46分   パーマリンク

2007年11月24日(土)

華のお江戸のCG映像 [必殺ヲタ話]

 フジテレビで放送された、NEWSの手越祐也主演のスペシャルドラマ『しゃばけ』を観た。もち手越クン目当て(笑
 いや、ただそれだけじゃなく、『妖怪大戦争』『ゲゲゲの鬼太郎』と来て、今度はテレビでの妖怪もの、しかも舞台は江戸時代、と来たら時代劇ファンとしては観なければ、でしょ。

しゃばけ (新潮文庫)

しゃばけ (新潮文庫)

 原作は畠中恵という作家の『しゃばけ』と『ぬしさまへ』をベースにしているそうなのだが、残念ながらオレはまだ呼んだことがない。
 ッて云うか、最近小説の類いを全く読んでいないなぁ。時代小説ッてのは、オレの好きなジャンルだし、これを機会に今度読んでみようかな。とか思っていたら、amazonでも即日発送になっていないところを見ると、結構売れてるみたいだな。通販で買おうと思ってたけど、この田舎町なら案外店頭で買えちゃったりするかもな。

ぬしさまへ (新潮文庫)

ぬしさまへ (新潮文庫)

 じつは、ここでは本編の内容に触れるつもりはない。まぁ、面白かったけどね。
 時代劇ファンのヲタク的観点から、ちょっと興味を引かれたことがあったンだよね。
 それは、江戸の町並みのCG映像。
 夏場に放送された、『必殺仕事人2007』もそうだったンだけど、今作でも江戸の町並みがCGで緻密に描き出されている。
『必殺仕事人2007』での遠目からの火事のシーンといい、大川に反射する花火がキレイな今回の打ち上げ花火のシーンといい、各局が時代劇枠を廃止して行く中で、こういった描写が出来るようになるというのはなンとも皮肉に思えてくる。
 まぁ、2時間枠だから出来ると云う見方もあるのかも知れないけどね。

 でも、考えてみると、これからのテレビ時代劇の在り方として、数ヶ月おきに2時間枠でやって行くッてのも有りかもしれないなぁ。
 そりゃ、ちゃんとした固定された枠で、毎週毎週活劇が観れるのが理想だけど、じっくり時間をかけて作ったいいものを観れるのなら少しくらい我慢しようじゃないか。

 と、思っていても、思い通りになってくれないのが世の常なンだけどね。

 あぁ、必殺の新作が観たい。来年には是非『必殺仕事人2008』をお願いします。

Posted by 源九郎 at 23時30分   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

    follow me on Twitter

     iTunes Store(Japan)

    セブンアンドワイ

    最近の記事

    最近のコメント

    検索


    上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

    カテゴリーリスト

    リンク集

    RSS1.0

    [Login]


    powered by a-blog
    Copyright (C) 2005-2010 ぶろ愚の骨頂 All rights reserved.