ぶろ愚の骨頂

源九郎の日々のつれづれ、心のつれづれ、Mac & iPhone 3Gのつれづれ

9

2021


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    


このボタンの付いている曲は、
iTunse Storeから購入出来ます。
購入にはあらかじめiTunse
インストールが必要です。 お支払いは、クレジットカード、またはiTunse Cardとなります。

 iTunes Music Store(Japan)

ウィルコムストア

Google

2007年07月20日(金)

最後の夢は叶ったの? [コレで泣け!]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 読売新聞北海道版7月18日付の記事に、動物の行動展示で全国的にも有名になった旭山動物園のアムールヒョウとホッキョクグマの2頭が相次いで死亡したという記事が載っていた。
 アムールヒョウの「ビック」は雄の21歳、ホッキョクグマの「ハッピー」は雌の25歳。ともに高齢による死だったようだ。

 オレがこの記事に目を引かれたのはホッキョクグマの名前が「ハッピー」だったからかも知れない。以前家で飼っていたミニチュア・シュナウザーの名前が「ハッピー」だったから。

 この記事によるとハッピーは子供の頃に、父親に舌をかじられて失い、歯もボロボロで肝機能も悪化していた上に、死ぬ数日前からは前足が不自由になっていたとある、それでも25年も生きてきたのだから大したものだ。
 ほっきょくぐま館にも溶け込めずプールにも入らなかった目立たない存在だったそうだが、オレも数年前に一度、旭山動物園に行ったことがあるが、やたらと派手にプールに飛び込むホッキョクグマの印象が強すぎて、微かな記憶の中に、プールにも入らずに隅の方で佇むホッキョクグマがいたようないないような…、といったそんな感じだ。
 そのハッピーの最期がプールに浮かんで死んでいたという発見時の状況に、ホロリと涙。
 想像になるが、父親に舌を噛み切られたトラウマからか、仲間とも打ち解けず、プールにも入らなかったハッピーは、きっと楽しげにプールに飛び込む仲間達を羨ましく思っていたンだろうなぁ。
 そして、自分の最期を悟った時、不自由になった前足のことも省みず、ずぅッと入りたかったプールに飛び込んだンじゃないだろうか?

 彼女の最後の水遊びは、楽しかったのか、苦しかったのか?

 あかン、また泣けてきた…。


 

Posted by 源九郎 at 10時42分   パーマリンク

2006年09月14日(木)

コレで泣け! [コレで泣け!]

 以前、ネット上で何度か絡んだことのある人の日記をmixiで読んで見つけたものです。

十三年後のクレヨンしんちゃん

 結末は見えているが故に、数年前にオレの腕に中で静かに息を引き取ったナナと重なってしまい、もう滝涙&鼻水…。
 物悲しいピアノのサウンドがその感情に拍車をかける。
 ティッシュなしでは見られない、と思うのだが、みなさんは?

 因みに「ゆっくり読みたい方」ではオリジナルと思えるテキストが読めるのだが、携帯でコレを読んでしんちゃん一家の苦痛が伝わり、また涙…。
 ピアノのBGMなしでも泣ける。

 あなたも2度、泣いて下さい。

画像(320x240)・拡大画像(480x360)

3匹いた犬たちの中で、唯一オレの腕の中で逝ったナナ。

Posted by 源九郎 at 19時13分   パーマリンク

ページのトップへ ページのトップへ

    follow me on Twitter

     iTunes Store(Japan)

    セブンアンドワイ

    最近の記事

    最近のコメント

    検索


    上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

    カテゴリーリスト

    リンク集

    RSS1.0

    [Login]


    powered by a-blog
    Copyright (C) 2005-2010 ぶろ愚の骨頂 All rights reserved.